【知っておきたい】2ファクタ認証とは | フィシ子のブログ

【知っておきたい】2ファクタ認証とは

こちらもどうぞ
仕事

はじめに

みなさんこんにちは!フィシ子です。

今回はiPhoneユーザーならご存じ?の「2ファクタ認証」についてお話しようと思います。

2ファクタ認証とは

利用者の本人確認などの認証において、二つの異なる原理の認証手段を組み合わせて用いることにより精度と安全性を高める手法。

二要素認証(2ファクタ認証 )とは – IT用語辞典 e-Words (e-words.jp)

私の例だと、会社環境に家からアクセスするとき、VPN接続ログイン画面で、下記の値を求められます。

  • ユーザー名
  • パスワード
  • ワンタイムパスワード

ここで、「ユーザー名」「パスワード」は固定値(パスワードは変更可能)ですが、ワンタイムパスワードは専用のアプリを開いて、現時点の値を入れてログインします。

上記認証手段以外に、指紋認証や顔認証なども認証手段です。

このように考えると、みなさんも日常生活で2ファクタ認証を使っていませんか?

メリット

これにより、いずれか一つが盗まれたり偽造されるなどして攻撃者に突破されても、他の方式も同時に突破しなければ本人になりすますことはできず、セキュリティを高めることができる。

二要素認証(2ファクタ認証 )とは – IT用語辞典 e-Words (e-words.jp)

セキュリティを高めるという点で、2ファクタ認証はやはり効果的ですよね。

デメリット

ただ、弊害として、「認証手段を一つ忘れると、認証されない」という、当たり前ではありますが悔しくなるデメリットもあります。

例えば、先ほどのVPN接続で言うと、PCにてVPN接続をする際に「ユーザー名」「パスワード」は固定値なので分かっているのに、ワンタイムパスワードがスマホのアプリでしか確認できなくて、スマホが手元にない場合。

どうしてもVPN接続したくて、ユーザー名とかは分かっているのにワンタイムパスワードがわからない!くっそー!!

ってなります。なので、2ファクタ認証を有効にしているものにアクセスする際は、認証手段(スマホなど)を忘れないようにしましょう!

実用例:AppleID

Apple ID の 2 ファクタ認証
2 ファクタ認証は、Apple ID の認証を二重化することでセキュリティを強化し、たとえパスワードが他人に漏れても本人以外はアカウントにアクセスできないようにする認証方式です。

上記のように、2ファクタ認証の例として、自分のスマホ宛にメッセージでコードを送るように設定する方法もあります。

おわりに

2ファクタ認証って聞くとなんか難しいって思いますよね、やっぱカタカナってムズカシイ・・・

しかし、意外と「あーこのことだったのか!」と思うこともありますよね!

今や2ファクタ認証は、セキュリティレベルの高いシステムでの本人確認時には割と利用されているので、もしかすると近い将来、より多い認証手段にてログインすることが普通になってくるかもしれませんね!テクノロジーの進化!

ではまた!

これまでにない新しいグッズを試してみたい方↓

割引価格でおトクに遊びたい方↓

コメント

タイトルとURLをコピーしました